水アカの取り方のコツ

空-虹車についた水アカはなかなか取れないものです。その水アカ取りのコツを紹介します。
まず初めに絶対にやってはいけないことは、スポンジを使ってゴシゴシ磨くことです。車には空気中を漂っている目に見えない小さなホコリやゴミ、花粉などがたくさんついています。車全体が覆われていると言ってもいい程です。それに、泥汚れや砂ボコリもついていることもあります。そのままの状態でスポンジをあてて洗うと、それらをこすりつけているようなもので、車のボディにはたくさんのキズが入ってしまいます。
初めは、できるだけ高圧の水で、ホコリなどの小さなゴミをボディから流してください。
次に、スポンジを使ってボディ用のシャンプーで汚れを軽く落としていきます。このとき、強く磨く必要はありません。全体を軽く洗ったら、水できれいに流し、ボディについている水アカを確認します。水アカは、ボンネットなどに水たまりが乾いたように丸い形がつき、軽く洗ったくらいでは落ちない汚れのことです。
水アカはボディをキズつけない専用の液で落としていきます。水アカは、ボディの表面の上についているので、手でさわるとボコボコしたりざらざらしたりしています。表面より浮いているので、専用の液で落とせばきれい落ちていきます。ボディ全体を磨いたら、水とスポンジで液を落としていきます。落とし残しがあると白く残るので気をつけてください。水アカがきれいに落ちているか確認できたら、もう一度シャンプーで洗い、ワックスをかけて仕上げます。
拭き上げるときも、できるだけ水分を残さないように拭き上げてください。