鉄粉の取り方のコツ

車には塗装の際に、ブレーキや金属加工の際に空気中に舞う鉄粉が紛れていることがあり、これは普通の洗車ではなかなか落とせません。洗車をしたあとに煙草の箱などについている透明フィルムを使って指に覆って車体を撫でてみると、ざらざらとした感触が感じられますが、これが塗装の際に突き刺さった鉄粉になります。
塗装中に付着した鉄粉は塗装面に突き刺さった状態なので洗車しても落ちないのです。そこで鉄粉取りには粘土状のクリーナーを使います。洗車をして綺麗にした状態の車体に粘土クリーナーを手のひらで平らにした状態で車体にあてていきます。こうすると鉄粉が粘土に付いて取れるようになります。車体にあてた粘土クリーナーは鉄粉がついて黒っぽく汚れてくるようになるので、車体に付けた面の粘土は折りたたんで中に練り込み、再び綺麗な面が出るように粘土を練ります。この作業を繰り返して車体の鉄粉を取る作業を繰り返していきます。
このような方法が鉄粉を上手に取るコツとなり、洗車で流し切れなかった鉄粉もしっかり取れていきます。鉄粉を取ったあとにワックスやコーティング剤を塗ると、最後の拭き取りも楽に出来てより車体を綺麗に仕上げることが出来ます。拭き取りの際に車体に小さな傷もつきにくくなります。